Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

在留資格

在留資格

第5章 特定技能所属機関に関する基準等|特定技能外国人受入れに関する運用要領

特定技能外国人受入れに関する運用要領 特定技能外国人受入れに関する運用要領(法務省サイト) 第1章 在留資格「特定技能」創設の目的 第2章 制度の概要 第3章 在留資格「特定技能」 第4章 特定...
在留資格

在留資格「特定技能」へ変更予定の方に対する特例措置

技能実習2号の修了者は特定技能1号の技能試験が免除されますが、「特定技能1号」への変更には労働者だけではなく、受入れ機関側でもしなければいけないことがあります。 受入れ企業が特定技能外国人を受入れる準備をする間、技能実習2号修...
在留資格

出入国管理及び難民認定法施行規則の一部を改正する省令案【仮称】概要

出入国管理及び難民認定法施行規則(昭和56年法務省令第54号)について,所要の改正を行うもの。 1 特定技能所属機関がすべき随時の届出 ⑴ 出入国管理及び難民認定法(昭和26年政令第319号。以下「法」という。)第19条の18第1項に規...
在留資格

特定技能に関する単語説明

基本方針に関する単語 2018年12月25日に閣議決定された「特定技能の在留資格に係る制度の運用に関する基本方針について」に関する単語を説明します。 特定産業分野 生産性向上や国内人材確保のための取組(女性・高齢者...
在留資格

在留資格の取消し制度とは

在留資格を一度取得すれば、あとはずっと日本で働けると思っている外国人の方もいらっしゃいますが、在留資格は取り消される可能性もあります。 どのような場合に在留資格が取り消される可能性があるのかをわかりやすくご説明したいと思います...
在留資格

在留資格「高度専門職」|高度人材ポイントの計算方法からメリットまで徹底解説します!

従来、法務省から高度人材と認定された方は「特定活動」という在留資格が付与されていました。 この「特定活動」の在留資格は、他の在留資格に該当しない場合に法務大臣が個々の外国人に活動を指定していた在留資格ですが、高度人材以外の方に...
在留資格

在留資格「特定活動」とは

外国人が日本で働くためには、日本で就労することが認められている在留資格を取得する必要があります。 日本で働くことができる在留資格は「就労ビザ」とも呼ばれます。 就労ビザと言えば「経営・管理」「技術・人文知識・国際業務」と...
在留資格

クールジャパン産業(アニメ・日本料理・ゲーム・漫画)の外国人雇用

日本に留学に来る外国人留学生の数は年々増加していますが、現在の制度では外国人留学生が日本で働くための要件が厳しすぎるため、日本で働きたくても在留資格を取得できずに帰国するというケースもあります。 そこで優秀な外国人材の定着促進...
在留資格

農業の外国人雇用のポイントと注意点を徹底解説します!

2019年4月から特定技能という在留資格が新設され、農業分野での単純労働が認められる予定です。 農業の場合は、それに先立って「国家戦略特別区域農業支援外国人受入事業」が始まります。 また、農業の場合は技能実習生度による技...
在留資格

出入国在留管理庁とは

「出入国在留管理庁」の新設 外国人労働者の受け入れ拡大に向け、2019年4月に「出入国在留管理庁」が新設される予定です。 現在の入国管理局は法務省の内局(内部部局)です。 内局とは、省の基本的な任務を担当する補助機関です。...