Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

在留資格

在留資格

農業の外国人雇用のポイントと注意点を徹底解説します!

2019年4月から特定技能という在留資格が新設され、農業分野での単純労働が認められる予定です。 農業の場合は、それに先立って「国家戦略特別区域農業支援外国人受入事業」が始まります。 また、農業の場合は技能実習生度による技...
在留資格

出入国在留管理庁とは

「出入国在留管理庁」の新設 外国人労働者の受け入れ拡大に向け、2019年4月に「出入国在留管理庁」が新設される予定です。 現在の入国管理局は法務省の内局(内部部局)です。 内局とは、省の基本的な任務を担当する補助機関です。...
在留資格

「給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表」とは

在留資格の新規申請や更新申請に必要な書類の一つに「給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表」という書類があります。 税理士と顧問契約されている会社では、ほとんどの場合、税理士が作成して税務署へ提出しますので「給与所得の源泉徴収票...
在留資格

在留資格「技術・人文知識・国際業務ビザ」をわかりやすく徹底解説します!

外国人が日本で働くためには、日本で働くことが認められた在留資格を取得する必要があります。(在留資格に関しましては『在留資格とは』をご参照下さい。) 日本で働くことが認められた在留資格には、いくつかの種類があります。 その...
在留資格

外国人の雇用|ビザから注意点まで徹底解説します!

日本では原則として単純労働を目的とする外国人の受け入れは禁止しています。 「でも、コンビ二とかでたくさん外国人が単純労働しているじゃないか」と思われる方もいらっしゃると思います。 確かに一部の例外で単純労働が認められるケ...
在留資格

在留カードとは|在留カードのすべてを徹底解説します!

在留カードとは、日本に中長期間在留する外国人に対して交付されるカードです。 在留カードには、氏名等の基本的身分事項や在留資格・在留期間が記載され、顔写真も貼付されています。 在留カードとはどのようなものなのかを判りやすく...
在留資格

「不法就労」の外国人を雇わないための注意点

外国人が日本に滞在して働くためには、入国管理局から働く許可をもらう必要があります。 近年、偽造した卒業証明書や虚偽の雇用証明書等を提出して在留資格を不正に取得する者(いわゆる偽装滞在者)や実習先から無断で立ち去り他の職に就く失...
在留資格

ホテル・旅館業の外国人雇用・採用のポイントと注意点を徹底解説します!

現在は全国のホテルや旅館で約3万8千人の外国人労働者が働き、そのうち7割が留学生のアルバイトと言われています。 ホテルの通訳やフロントとして外国人を雇う場合、「技術・人文知識・国際業務」という在留資格が必要になりますが、この在...
在留資格

在留資格「特定技能」とは|特定技能1号・2号の違いなど徹底解説します!

新しい在留資格「特定技能」に関して判りやすくご説明します。「特定技能1号と2号の違い」「特定技能に必要な日本語能力」「特定技能の対象となる業種」「特定技能と技能実習の違い」など特定技能の制度に関することから「登録支援機関」や「受入れ機関」といった特定技能に関することまで判りやすくご説明します。
在留資格

「資格外活動」とは|留学生アルバイトを雇う時の注意点

日本に在留する外国人は、「会社経営」や「留学」といった活動の範囲の中で日本に住むことが許可されています。 同じ就労でも「技術・国際業務・人文知識」といった雇用される立場での許可で在留資格をもっている人は、会社を経営することはで...
タイトルとURLをコピーしました