Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

宿泊業技能試験とは

[記事公開日]2018/10/08
Pocket

宿泊業技能試験とは

日本旅館協会、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連)、日本ホテル協会、全日本シティホテル連盟(JCHA)の4団体が、外国人労働者の受入態勢の整備に向けて、外国人就労に関して「一般社団法人宿泊業技能試験センター」を共同で設立しました。

2019年4月設立予定の新しい在留資格「特定技能」に向けての試験機関の設立や試験制度が整備されることが予想されます。

(新しい在留資格「特定技能」に関しましては『特定技能ビザとは』をご参照下さい。)

 

特定技能評価試験とは

特定技能の資格を取得するためには、「技能実習を修了すること」又は「特定技能評価試験に合格すること」のいずれかを満たすことが要件として検討されています。

特定技能評価試験とは、各職種ごとの業界団体が国が求める基準をもとに作成実施する「日本語」と「技能」の試験です。

(特定技能評価試験に関しましては『特定技能評価試験とは』をご参照下さい)

 

宿泊業技能試験とは

宿泊業技能試験とは宿泊業技能試験に関しての詳しい内容は現時点ではわかっていません。

日本語能力の基準は原則、日本語能力試験の「N4」と言われています。

「N4」とは「ややゆっくりとした会話がほぼ理解できる」レベルで「300時間程度の学習で到達できる」とされています。

技能試験は宿泊業での基本的な作業が可能かを確認する試験になると思われます。

詳しい内容がわかり次第、随時情報を更新していきたいと思います。

 

まとめ

まとめまだ詳しい内容がわからない「宿泊業技能試験」ですが、2019年4月に向けて着実に準備が進んでいるということが予想されます。

こちらのページでも、詳しい内容がわかり次第、随時情報を更新してお届けしたいと思っています。

 

 

 

Pocket