Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

外国人雇用の教科書

外国人雇用

【特定技能の雇用】海外にいる外国人を雇用する流れを全解説します!

特定技能外国人を雇用する場合、海外にいる外国人を雇用するケースと国内にいる外国人を雇用するケースがあります。 ここでは「海外にいる外国人を雇用する」流れを分かりやすくご説明します。 国内にいる外国人を雇用する場合は『国内...
外国人雇用

【特定技能の雇用】日本国内にいる外国人を雇用する流れを全解説します!

特定技能外国人を雇用する場合、海外にいる外国人を雇用するケースと国内にいる外国人を雇用するケースがあります。 ここでは「国内にいる外国人を雇用する」流れを分かりやすくご説明します。 海外にいる外国人を雇用する場合は『海外...
特定技能ビザ(在留資格)

特定技能1号在留資格申請方法

特定技能には「特定技能1号」と「特定技能2号」という2種類の在留資格があります。 そのうちの一つである「特定技能1号」はどのような在留資格で、どのように申請するのかを分かりやすくご説明したいと思います。 特定技能1号...
特定技能ビザ(在留資格)

特定技能雇用契約とは

2019年4月から新設される「特定技能」という在留資格を取得した外国人(特定技能外国人)は、特定産業分野での労働が出来るようになります。 (特定産業分野に関しましては「特定産業分野とは」をご参照下さい) 特定技能外国人と...
特定技能ビザ(在留資格)

特定産業分野とは|特定技能の業種

2019年4月から「特定技能」という在留資格が新設されます。 この特定技能という在留資格を取得した外国人は、特定の分野でのみ就労することが認められます。 この特定分野を「特定産業分野」といいます。 「特定産業分野」...
特定技能ビザ(在留資格)

1号特定技能外国人支援計画とは

特定技能外国人を雇用する場合、「1号特定技能外国人支援計画」が非常に重要になります。 「1号特定技能外国人支援計画」とはどのようなものなのかをご説明したいと思います。 (※関連ページ:『1号特定技能外国人支援に関する運用...
在留資格

出入国管理及び難民認定法施行規則の一部を改正する省令案【仮称】概要

出入国管理及び難民認定法施行規則(昭和56年法務省令第54号)について,所要の改正を行うもの。 1 特定技能所属機関がすべき随時の届出 ⑴ 出入国管理及び難民認定法(昭和26年政令第319号。以下「法」という。)第19条の18第1項に規...
法令

出入国管理及び難民認定法第七条第一項第二号の基準を定める省令の一部を改正する省令案【仮称】概要

出入国管理及び難民認定法第七条第一項第二号の基準を定める省令 (平成2年法務省令第16号)について所要の改正を行うもの。 特定技能の在留資格に係る出入国管理及び難民認定法第七条第一項第二号の基準は次のとおりとする。 1 特定技能1...
法令

特定技能雇用契約及び一号特定技能外国人支援計画の基準等を 定める省令案【仮称】概要

特定技能雇用契約及び一号特定技能外国人支援計画の基準等に関する事項を定めるもの。 1 特定技能雇用契約の内容が満たすべき基準 ⑴ 出入国管理及び難民認定法(昭和26年政令第319号。以下「法」という。)第2条の5第1項の法務省令で定める...
法令

出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律

出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律 (出入国管理及び難民認定法の一部改正) 可決成立日 平成30年12月8日 公布日    平成30年12月14日(法律第102号) 官報掲載日 平成30年12月...
タイトルとURLをコピーしました